養子縁組届の証人代行サービス|大石行政書士事務所(浜松市)

養子縁組届/離縁届 証人代行サービス 大石行政書士事務所|浜松市、静岡市、全国

※当サービスは全国対応です!

 

養子縁組届、離縁届(協議離縁、死亡した者との離縁)の提出に必要な証人2名を格安でお受けします。

 

サービス料金

  • 証人2名分:4,000 円
  • 証人1名分:3,500 円

※送料込み、税込み価格です
※通常価格(2名5,000円, 1名4,500円)から割引中
※割引は予告なく終了することがございます

 

サービス内容詳細 / 養子縁組届・離縁届の証人代行

  1. 書類が事務所に到着して基本当日、遅くとも翌日午前に発送
  2. 選べる振込先(ゆうちょ銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行)
  3. 手続きは全て郵送で完了(速達・郵便局留にも対応)
  4. 無料保証、返金保証あり
  5. 委任状不要(届書原本、身分証明書の写しを郵送いただきます)
  6. 発送は追跡可能なレターパックライトで行います

 

無料保証:お客様都合の不受理の場合でも、1回限り無料で再代行します
返金保証:事務所都合でお客様に迷惑をかけた場合、代金を返金します

離婚届の証人代行(事務所の信頼性)|大石行政書士事務所(浜松市)

 

 

 

 

※提出書類、事務所住所、お振込みについては、以降をご覧ください。

 

サービス料金の詳細

離婚届の証人代行(事務所の信頼性)|大石行政書士事務所(浜松市)

 

証人2名の代行 4,000円(税込、郵送料込)
証人1名の代行 3,500円(税込、郵送料込)
予備(※希望者のみ) +1,500円(税込、郵送料込)
速達(※希望者のみ) +150円


予備(2枚目以降)の署名捺印については、1枚毎に1,500円加算となります。

 

「速達」をご希望の場合、レターパックプラス(520円)にて郵送いたします。レターパックライトとの差額分150円を別途ご負担いただきます。

 

不受理後の再代行をご希望の場合、郵便料金のみご負担いただきます。

 

料金お振込みについて

離婚届の証人代行(事務所の信頼性)|大石行政書士事務所(浜松市)

お申し込み時、お振込み先の金融機関を選択いただきます。

 

口座情報については、お申込後にお送りするメールをご覧ください。

 

提出書類と送付先(事務所)

離婚届の証人代行(事務所の信頼性)|大石行政書士事務所(浜松市)

 

以下の書類を事務所まで郵送ください。

 

  • 養子縁組届または離縁届(届出人全員が署名・捺印したもの)
  • 身分証明書(運転免許証やマイナンバーカード等)のコピー
    ※裏面に記載がある場合は裏面コピー
    ※マイナンバーカードの裏面コピーは不要

 

養子縁組届、養子離縁届は、必ず届出人となる方の全員が署名・捺印した状態でご送付ください。届書の「氏名」の欄、「届出人署名押印」の欄が空白の場合、証人として署名することができません。

 

養子が15歳未満の場合には、養子の法定代理人(親権者等)が届出人となります。ご注意ください。

 

書類の送付先(当事務所)

お手数ですが、下記宛先まで書類を郵送くださいませ。

 

〒433-8125
静岡県浜松市中区和合町1251−14
大石行政書士事務所

 

全国対応です(札幌、東京、千葉、横浜、埼玉、名古屋、大阪、京都、神戸、和歌山、福岡、沖縄)/養子縁組届の証人代行サービス

ときどきお電話にて「〇〇県ですが対応可能でしょうか?」というお問い合わせをいただきます。全国的に依頼をいただき、大変感謝しております。

 

ご安心ください。当事務所での証人代行サービスは全国対応です。北は北海道、南は沖縄まで全国です。お急ぎの方は速達を利用してスピーディーに対応いたします!

 

日本全域対応!
北海道,青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都(足立区,墨田区,荒川区,世田谷区,板橋区,台東区,江戸川区,千代,田区,大田区,中央区,葛飾区,豊島区,北区,中野区,江東区,練馬区,品川区,文京区,渋谷区,港区,宿区,目黒区,杉並区)神奈川県,新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県,鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県,徳島県,香川県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県

よくある質問

養子離縁届と離婚届の代行を同時にお願いできますか?

可能です。その場合、養子離縁届を1枚目とし、離婚届は予備(2枚目以降)として扱います。ですので料金は5,000円(証人2名の場合)に1,000円を加算する形になります。

 

養子縁組届・離縁届の書き方・手続き

養子縁組届、離縁届の書き方を見本つきで解説しています。届出前の参考にどうぞ。

 

page top